ブラを着けても胸が離れる原因と2つのバストケア方法を元店長が教えます

ブラを着けても胸が離れる原因と2つのバストケア方法を元店長が教えます

胸離れる

ブラを着けていても時間がたつと胸が離れる。。。

こんなお悩みもバストケア次第で解決できます!

今から紹介する2つの方法で”ブラを外しても離れないふっくら丸い胸”を手に入れましょう!

この記事を書いているのは…
有名下着メーカー販売歴6年のありさです。現役で培った店長経験を生かして私にできるバストのアドバイスをしています♪

離れ胸を作ってしまう原因は日常のこんな行動にあった!

離れ胸
日常のこんな行動が離れ胸を作る原因になっています。

😥 サイズの合わないブラを着けている
😥 ワイヤーなしのブラで過ごしている
😥 ナイトブラを着けずに寝ている

何気ないことのように思えますが、ブラを正しく着けていないと重力に負けて胸がどんどん下がり離れていくのです。

中でも一番注意したいのは胸を支えてくれているクーパー靭帯が伸びてしまうことです。

クーパー靭帯

クーパー靭帯は一度伸びると元には戻らないと言われるとってもデリケートなものです。

今こうしている間にもあなたのクーパー靭帯は伸び始めている可能性が高いってことです!

でも安心してください。

後ほど紹介するバストケアをすれば、離れた胸を戻すことは可能です!

理想の胸はコレ!離れ胸チェック

バストケアを始める前に、理想の胸と自分の胸にどれぐらい差があるのかを知っておきましょう。

理想の胸の形がコレです。

理想の形

鎖骨の中心と乳頭を結んだ3点で正三角形ができることです。

check

今すぐ鏡を見てチェックしてみましょう。

胸が離れていると横に広がったような三角形になります。

理想の胸の形比較

元店長ありさ
たとえ理想の胸に遠くても安心してください!バストケアをきちんとすれば理想の胸に近づけます!

離れ胸を理想の胸に近づける!2つのバストケア

上乳ボリューム
離れた胸を理想の胸に近づけるには2つの方法があります。

  1. 筋肉をほぐす
  2. ナイトブラをつける

この2つを組み合わせることで、ノーブラの状態でもふっくら谷間のできる胸を手に入れることができます!

理想の胸に近づく方法
筋肉をほぐす

離れた胸を元に戻すときに大事なのがまず筋肉をほぐすという作業です。

運動の前に準備体操で筋肉をほぐすのと同じで、下準備が大事です!

ここでポイントとなるのが肋骨と肋骨の間の筋肉です。

筋肉がかたくなってしまうとどんどん胸が外向きに引っ張られて離れていこうとします。

まずはここからほぐしていきましょう。

おっぱい番長でおなじみ、朝井麗華さんのやり方がとても参考になります。

初めは肋間筋を捉えることすら難しいですが、続けるうちに柔らかくなってきます。

お風呂上がりの身体が温まったタイミングでほぐすのがベストです!

ここで一つアドバイス!
摩擦で手が滑らせにくいときはバストクリームをつけるとほぐしやすくなりますyp♪

胸はお肌が乾燥しやすい部分でもあるのでバストクリームをつけると保湿もできて一石二鳥です!

おすすめのバストクリーム

筋肉ほぐしにはグラマラス美神PREMIUMがおすすめです。

グラマラス美神

有名バストサロン発!バストの栄養素となる有効成分がぎゅーっと凝縮されたクリームです。

少量でもすーっと伸びるので離れた胸もぐいっと寄せやすくなります。

ぷるんとした丸い胸をつくる秘訣です。

btnグラマラス美神p

理想の胸に近づく方法
ナイトブラをつける

睡眠中ナイトブラ

離れた胸を理想の胸に近づけるには
ナイトブラも欠かせません!

実は寝ているこそ胸が外側へ流れやすいからです。

仰向けで寝ているとき、胸は外側へ流れます。

胸流れる

この状態が何時間も続けば、胸が離れていくのは当然です。

でもナイトブラを着ければ、睡眠時間さえも味方にすることができます!

1日の睡眠時間が6時間だとしても

一週間で42時間!

ナイトブラを着けているだけで離れ胸を防ぐことができるんです!

着けると着けないとでは大きな差がつきます!

筋肉ほぐしをサボっちゃう日があっても、ナイトブラだけは絶対に着けてください!

おすすめのナイトブラ

離れ胸におすすめのナイトブラはふんわりルームブラです。

ふんわりルームブラ着け方

どんなナイトブラよりも離れた胸を寄せて上げる効果が高いです!

脇までしっかりサポートしてくれるので横から胸がはみ出ることもありません!

締め付け感がなく朝までズレない唯一安心できるブラがコレでした!

夜だけでなく日中も使えるので離れ胸が改善するまでは毎日でも着けたいブラです。

btnふんわりルームブラp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする